2012年6月6日水曜日

廿三夜塔 / 中里

廿三夜塔 女人講中  嘉永元年戊申卯月。1848年。梵字は勢至菩薩の種子サクか。ひのはら村中里。月が出たらよく見えそうな場所にあります。
 月待ち。二十三夜は下弦の半月で、おそい月の出。講の人たちが集まり、飲食し経など読んだのでしょうか。年長の方に伺っても、実際に見聞きはされていない。十五夜ではなく二十三夜というのが、奥ゆかしく思われます。





0 件のコメント:

コメントを投稿