2012年7月7日土曜日

廿三夜塔 / 数馬

(梵語)廿三夜 月天子  両組講中
 天保三戊辰年十一月吉日

七月七日を記念して、檜原村で最も美しいと私が思っている二十三夜塔をご紹介します。南谷の最奥、数馬地区。道路から細い道を旧分校の方へ少し登った所にあります。昔は通学路だったとか。
天保三年は1832年で、これも戊辰(つちのえたつ)となっているが、正しくは壬辰(みずのえたつ)。




0 件のコメント:

コメントを投稿